俳句結社「藍生」***60歳未満の女性の会


by aoi-asaginokai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

8月16日、蘆花恒春園にで浅黄の会句会を開催いたしました。7名の参加者、1名の欠席投句で吟行、句会を行いました。
句会・合評会ともいつものように活発に行われ、充実した一日となりました。

父と子のいつしか父のとんぼ釣   正子
とんばうの眼が八月の空の中    銘子
ひと晩は丼で飼ふ金魚かな    美津子 
たれかれを置いて来りし蝉時雨   実樹
炎ゆる世の隅々にまで道の伸び   明美
水打つて貸切の札ありにけり    和恵
つくつくし背の水筒の鳴つてゐる  京子
たかだかと蜻蛉の恋はじまりぬ   里美

次回は年内に…ということでした。
幹事さんよりお知らせがありますので、皆さんの参加をお待ちしております。

大西

追伸:角川の俳句8月号に、名取里美さんが 原稿を寄せていらっしゃいます。
「感情表現の在り方」という文章です。是非お手に取ってご覧ください。


[PR]
by aoi-asaginokai | 2014-08-18 22:52 | 活動報告 | Comments(2)